目八譜寶貝編同定録

 「目八譜」は多くの貝の和名がこの書からの命名とされていることにより、よく知られている。しかし、天保14年(1843)武蔵石壽によるとされるこの書は、珍本中の珍本であり、国会図書館に所蔵され一般が閲覧出来るものではなかった。その為従来は、あちこちの専門書に引用された断片を僅かに垣間見るのみであった。最近その書がデジタル化され、インターネットに公開されていることを知り、許可を得てその内の「第十巻 寶貝」を若干の編集を加えて本サイトに掲載した(2001年11月)。
 しかし、この書の解説は手書きであり、不明の字、略字、当て字も多く、句読点も無いことから読み難く、挿し絵も他の古書に比べると詳密とはいえ、どの種を描いたのか判別が付かないものが多い。また、近代の系統分類学に沿った分け方で無いところにも判断の難しさがあり理解を妨げている。
 この度黒田博士による「目八譜昭和同定録」(VENUS: 21 1961) があることを知り、これを手がかりに些かの解読、同定を試みることとした。ご批判、ご指導を頂ければ幸です。
                                      (2003.4 真野)


目次

用語解説

一頁
1. 石榴貝 2. 麦粒貝 3. 白玉 4. 貝子 5. 白貝子 6. 餘泉

二頁
7. 黄貝子 8. 縮緬貝子 9. 霞貝子 10. 玄貝 11. 珠貝 12. 眼貝子

三頁
13. 櫻貝子 14. 棗貝子 15. 恵貝 16. 餘 貝氏 17. 網代貝子 18. 西洋貝子

四頁
19. 花紋貝子 20. 菖蒲貝子 21. 鯖貝子 22. 綬貝子 23. 糸砧 24. 霰貝子

五頁
25. 鮫貝子 26. 浮貝子 27. 紫貝子 28. 碪手貝子 29. 星碪 30. 柳絞

六頁
31. 黒碪 32. 一文字 33. 紫碪 34. 花貝子 35. 筆ノ穂 36. 女郎花

七頁
37. 床貝 38. 琉球貝子 39. 綿帽子 40. 岩石貝 41. 花丸雪 42. 小紋貝

八頁
43. 口黒碪 44. 八丈宝 45. 屋久島宝 46. 星宝 47. 西洋宝