ホシダカラ

tigris

成熟した個体。

宮古島産)

上と同一個体。これで見ると外套膜の樹状突起と殻の模様は関係なさそう。

三浦半島で採集した幼貝。
外套膜の突起の先端がへらの様になり、白いのが特徴。

幼貝

このくらいの時期では虎の模様に見えなくもない。

海の中でも大きく、存在感がある。

珊瑚礫裏

(宮古島)

沖縄本島産

他処では大きなサンゴ礫に着いていることが多いいが、この個体は海藻の中にいた。

沖縄本島産

腹足を思い切り広げて卵塊を守っている。
卵の色は灰紫色。

動画

歯舌は、下から上に掬い上げるように動いている。これはハチジョウダカラでも同じで、どのタカラガイにも共通しているようだ。