タルダカラ (八丈島産・フィリピン産)

talpa

タルダカラの幼貝。

(八丈島産)

外套膜の形状は独特。光の加減で色合いは様々に変わる。

(八丈島産)

軟体は基本的には黒色。

(八丈島産)

外套膜から現れる殻は、ハッとするほど美しい。

(フィリピン産)

(フィリピン産)

奇っ怪な怪獣のよう。

(フィリピン産)

潮が引いた後岩壁に取り残されていた。
外套膜は真っ黒で水玉模様がない。

(奄美大島産)

これも外套膜は真っ黒。
これで殻の色がもう少し濃ければスルスミダカラの様。

(沖縄本島産)

動画

2011/6/1更新