サメダカラ

staphylaea

サメダカラの外套膜は、ウニの刺のように見える。その為か、生体を見つけるのは極めて困難。隣はジュズダマダカラ

フィリビン産

冷たい海からいきなり連れてきたせいか、外套膜がぼろぼろになった。

三浦半島産

ライトを当てると殻の色が透けて、こんな色になった。

三浦半島産

チャイロキヌタ、カミスジダカラの様に外套膜突起に白い物が混じる。

フィリピン産

こんな色の個体もある。
外套膜の色だけでは分類の決め手にはなりそうもない。

フィリピン産

インドネシア・バリ島の個体。

こちらは標準的。

動画

2011/6/1更新