リュウキュウダカラ 

luchuana

打上殻は多いが、生貝はなかなか見つからない。

(宮古島産)

外套膜は黒っぽく、突起は少ない。

(宮古島産)

触角は黄色で、足の裏は白い。

(宮古島産)

小さなサンゴ礫に沢山付いていることがある。

(宮古島産)

外套膜の色は、暗灰色と黒色の二種がある。

(宮古島産)

黒い外套膜の個体は、足の裏も黒い。

(宮古島産)

未成貝

(宮古島産)

抱卵中の個体

沖縄本島産

抱卵中の個体

卵塊は黄色く、卵は大型です。

卵嚢

一つの卵嚢中には100個ほどの卵が入っています。この数はタカラガイとしては少ない方です。

一個の卵の大きさは約200ミクロン程度で、大きい方です。

動画

2011/6/1更新

西表島の個体

樹状突起がピンクなのには驚いた。

伊良部島産

樹状突起が黄色。

伊良部島産

樹状突起の色はその生活環境の影響を受けるのか?
それとも遺伝形質なのか?