ナシジダカラ (八丈島産)

labrolineata

殻は打上でよく見かけるが、生体はなかなか見つからない。

外套膜の樹状突起が良く発達し、コモンダカラ属であることが良くわかる。

腹は白く、照明にも因るが、やや黄色味を帯びる。

どうです、この変身術。

奄美大島産

なんか毛糸のセーターを着ているよう。

動画

2011/6/1更新