ヤナギシボリダカラ

isabella 

ヤナギシボリダカラの外套膜は黒く、そのためか打上が沢山あるような場所でも生体を見つけるのはなかなか難しい。

(小笠原産)

チャイロキヌタトと同じような黒い外套膜だが、こちらには目立った突起が無くビロードのよう。

(小笠原産)

腹側もやはり黒い。

(小笠原産)

(Maldive産)

(GUAM産)

(奄美大島)

卵を守る。
卵塊中の卵嚢の数も多く、卵嚢中の卵の数もメダカラ、ナツメモドキに比べ多い。

動画

2011/6/1更新