カモンダカラ

helvola

コモンダカラ属はみなそうだが、外套膜の突起が発達していて水の中ではゴミのように見える。

どの種でもそうだが、外套膜の突起と殻の斑紋の関係はこうしてみても分からない。

腹側の色は淡い肌色。

以上4枚は小笠原産の個体。

これはフィリピン産。
外套膜の色が鮮やかである。

上の写真と同一個体。

同上。

奄美大島産

これではハナビラダカラと区別が付きませんね。

奄美大島産

上の写真とは異なる個体。赤色が強い。

動画

2011/6/1 更新