クロユリダカラ (フィリビン・ボホール)

gutata

タングルネットで揚がったばかりの個体を手に入れた。明るい内からよく外套膜を見せてくれます。

外套膜樹状突起が長く、数も多い。

上二枚とは異なる個体。こちらの方がやや色が濃い。

腹足は橙色。

足の裏も橙色。

外套膜を引っ込めた状態。

深海性(100-200m)なのに何故かこんな姿も見せてくれました。
夜中に、入れ物から脱走して床に落ちていました!