メダカラ

gracilis 

メダカラは赤い外套膜をしています。目立つようですが、海の中でには同じような色の生物が多く、案外カモフラージュになっているようです。

(三浦半島産)

基本は茶のかかった赤ですが、焦げ茶に近いものまでバリエーションがあります。

(三浦半島産)

水から出て這い上がって来ます。軟体部全体が赤色で、黒い目が良くわかります。

(三浦半島産)

これは卵の上に足を広げて守っているところです。潮が引くと水の上に出てしまうようなところでも産卵します。

(三浦半島産)

フィリピンの個体。
日本の個体に比べて樹状突起が多い様な気がする。

個体変異の内かも知れない。

同上

リュウキュウダカラの卵に似ていますが卵嚢の大きさは半分ぐらいです。

動画

2011/6/1 更新