ナツメモドキ

errones

ナツメモドキは、浅場の石の下によく見られる。他の種では石を動かすとコロコロと落ちることが多いが、この種はしっかりと石に吸着している。また、飼育してみると丈夫で飼いやすいが、暗いところが好きですぐに石の下に隠れてしまう。食性は海綿食。

(宮古島産)

他の種の様に明るいところで外套膜をひっこめることが無く見つけにくい。

(宮古島産)

外套膜は厚めで、ブラシ状の突起が無数にある。

(宮古島産)

飼育してみると丈夫で飼いやすいが、暗いところが好きですぐに石の下に隠れてしまう。食性は海綿食。

(三浦半島産)

卵を産んでいました。卵塊の色から見て孵化直前の様です。

(フィリピン・シキホール島産)

ベリジャーの大きさは、約300ミクロンで、メダカラに比べ大型です。

焦点が合わせ難く見にくいですが、ベリジャーの浮遊しているところです。

動画

2011/6/1 更新