カミスジダカラ 

clandestina

カミスジダカラとチャイロキヌタは、軟体部でもほとんど変わらない。ただ、カミスジの方が白い突起が多い様だ。

三浦半島産

両種とも生息場所は同じで、見つかる数がカミスジの方が少ない。

三浦半島産

軟体部は全て黒色で暗い穴の中で見つけるのは難しい。

三浦半島産

右側の外套膜が傷つき、殻の右半分にはエナメル質の滑層が掛かっていない個体。

三浦半島産

フィリピン・バリカサグ島産。

三浦の個体と比べると色合いが異なります。

見つけた時は、何の種類か分からず、カミスジ模様を見て初めて分かりました。

串本産

動画

2011/6/1 更新