オミナエシダカラ (三浦半島産・フィリピン産)

boivinii

この種の外套膜も海のゴミか汚れた雑巾の様。

綿ぼこりを着ているように見えます。

足の裏は橙色。意外に太い吻が印象的です。

この種も潮が引いた岩穴や、ヒジキの上に取り残されたりしています。

卵嚢は涙滴型で、メダカラなどに比べると白っぽい色をしています。
拡大すると一つの卵嚢の中に無数の卵が見えます。

フィリピン・バリカサグの個体。

日本の個体と少し違うようだ。

動画

2011/6/1 更新