ヤクシマダカラ

arabica asiatica

この種は明るいところではなかなか外套膜を見せてくれません。

屋久島宝は辺縁が肥厚した成貝になっても螺塔が未成貝のように尖ったままの個体をよく見かけます。比較的若い固体と思われますが、他の種類にはあまり見かけない現象です。

腹側はこんな感じ。南紀以南では浅いところに沢山います。

顔はこんな感じ。赤い口と小さな目が印象的。

以上4枚は、宮古島の個体。

これは、三浦半島産の幼貝。夏に流れ着いた幼生が冬までにこの大きさになり、2,3月には死滅するようです。

珊瑚礫を返したら付いていた。

宮古島

宮古島

ヤクシマダカラの卵はこんな色をしていました。孵化近くなるともっと黒くなると思われます。

「フィリピン」

動画

2011/6/1更新