Genus

Mauritia Troschel, 1863

属名

ハチジョウダカラ属 (黒田、 1933)

Species

arabica asiatica (Schilder & Schilder 1939)

和名

ヤクシマダカラ 屋久島宝 (目八譜)

和名由来

当時は美しいものはすべて南方から渡来したものと考えられ、日本の南方にある屋久島や琉球の名前が付けられた。(白井)

標本産地:神奈川県 三浦半島
標本殻長:78.0mm
新鮮死殻

分布:三浦半島(幼貝)、八丈島、伊豆半島南部、小笠原群島、紀伊半島〜沖縄諸島

三浦半島では通常、未成貝のまま死滅するがこれは成貝となった珍しい標本。