Genus

Blasicrura Iredale, 1930

属名

マメシボリダカラ属 (淤見、1998)

Species

pallidula pallidula (Gaskoin, 1849)

和名

マメシボリダカラ 豆絞宝 (黒田、1942)

標本産地:沖縄県・石垣島
標本殻長:16.5mm
死サンゴ下

分布:房総半島南部、紀伊半島〜沖縄諸島

従来日本産のマメシボリダカラは、多くの文献でB. interruptaと誤認定されてきたが、その背面を横断する四条の帯の特徴、歯列が粗い事などからB. p. pallidula とされた。