Genus

Lyncina Troschel, 1863

属名

ヒメホシダカラ属 

Species

kuroharai (Kuroda & Habe, 1961)

和名

クロハラダカラ 黒原宝 (波部、1961) 

和名由来

黒原和男(土佐清水市 市立貝類展示館の創始者)に献名(岡本・奥谷、1997)

標本産地:土佐県 土佐沖
標本殻長:35.0 mm
トロール採取

分布:高知県沖の島、千葉県、相模湾、八丈島、小笠原群島、紀伊半島〜沖縄諸島

房総半島、御前崎でも打上殻を拾う。磨れた殻ではホシキヌタと混同することがあるが、歯列が明らかに異なる。