Genus

Erosaria (Troschel, 1863)

属名

コモンダカラ属 (黒田、1928)

Species

miliaris (Gmelin, 1791)

和名

ハツユキダカラ 初雪宝 (内山、1900)

和名由来

淡黄褐色地に密布する小さな白点を、初雪と見立てて。(白井)

標本産地:千葉県 房総半島
標本殻長:37.6 mm
死殻

分布:房総半島〜沖縄諸島・山口県北部以南、伊豆大島〜八丈島、小笠原群島、長崎県、

八丈島、沖縄諸島では稀。
ニシバタダカラ(miliaris difference Schilder, 1927)は、本種の深海型、または個体変異型と見られる。

美しい殻からは想像出来ない外套膜.移動速度はなかなか速い.