Genus

Erosaria (Troschel, 1863)

属名

コモンダカラ属 (黒田、1928)

Species

poraria (Linnaeus, 1758)

和名

アヤメダカラ 菖蒲宝 (目八譜)

和名由来

前後端より辺縁淡紫色、口の辺雪白色、恰も菖蒲の花に似たり(目八)

標本産地:八丈島・八重根
標本殻長:19.7 mm
死殻

分布:房総半島〜沖縄諸島、伊豆大島〜八丈島、小笠原群島、長崎県、山口県日本海沿岸

三浦半島、房総半島では比較的少ない種であるが、八丈島では多く棲息する。

標本産地:八丈島・八重根
標本殻長:18.0 mm
死殻

新鮮なものは背面の黒色が強く、腹面の紫色も濃い。