Genus

Palmadusta Iredale, 1930

属名

カミスジダカラ属(黒田、1933)

Species

ziczac (Linnaeus, 1758)

和名

アジロダカラ 網代宝 (目八譜)

和名由来

「く」の字状の連続模様を、斜めに交差する網代の網目に見立て(岡本・奥谷、1997)

標本産地:和歌山県・串本
標本殻長: 11.3 mm
打上殻

分布:房総半島〜沖縄諸島、三宅島

アジロダカラはカノコダカラと同じように、擦れるとすぐに背の模様が消える。この標本は、海綿にくるまれ打上られたので、質が良い。