タカラガイ科図鑑   CYPRAEIDAE
 TOP  PREV  NEXT  VARIATION
分 類 和  名 学  名
亜 科 タカラガイ Cypraeinae
ヒメホシダカラ Lyncina
クチムラサキダカラ carneola
命名者 内山 1900 Linne 1758
サイズ 16 - 56mm 出現頻度 普通
分 布 房総半島以南,インド・太平洋に分布する 生息場所 潮間帯下部-20m サンゴ礁棚の下に棲む
異 名 Synonyms: aureola Schröter 1804, marmorata Blainville 1826, sowerbyi Anton 1839, loebbeckeana Weink. 1881, halmaja Melv. 1888, rubiola Kenyon 1902, adonis Rous 1905, tuberculigera Sull. 1924, thepalea Ired. 1939
亜 種  

変 種
変 異

crassa Gmelin 1791 コウカイクチムラサキダカラ : Red Sea, Oman, Somalia; Pyriform, callous. Margins bent up. Often depressed. 
propinqua Garrett 1879 ニセクチムラサキダカラ : (Pacific); Oval to rhomboidal. Teeth pale lilac. Margins callous. Extremities produced.
特 徴  
pict1
Locality: Philippines Size: 54.8 mm 
ザンボアンガのホテルの前の砂浜で、水上生活の漁民達がしつこく売りつけてきた貝。

ほのかなる 口紫の くちびるに 耳をあつれば 海の音やせむ(内田 タカラガイ三十六歌仙)

P2

f. crassa コウカイクチムラサキダカラLocality:Dijbout iSize: 25.2mm
日本刀の沸に似た、辺縁と背の間の模様が美しい。

P3
f.propinqua ニセクチムラサキダカラ Locality: Tahiti Size: 25.7 mm
コウカイクチムラサキダカラと区別が付き難い。日本刀の沸に似た模様が辺縁全体にまで広がっている。